シグナリフト開発研究院の経歴

シグナリフト開発研究員の経歴

セルソース株式会社 手島ひかるさん

 

北海道大学薬学部卒業、東京大学大学院薬学系研究科 
博士後期課程修了。

 

まだ知られていない分野を解き明かしたいという考えを持ち、大学院では脳神経細胞の投射が担う役割をテーマに研究していた。

 

人の役に立つ仕事がしたいという強い考えを持ち、大学院卒業後は、自分の活動や研究が直接社会に貢献することが出来る、臨床現場に近い環境で仕事をしたいという考えを持っていた。

 

さらに、新しい分野にチャレンジしたいという好奇心があった為、たくさんの医療機関と協力して再生医療事業を展開しているセルロース株式会社に入社。今は細胞培養を研究し、化粧品を開発するプロジェクトに携わっている。

 

 

手島ひかるさんは、医療機関に向けて、再生医療関連の法規対応についてのコンサルティングも行う。

 

脂肪肝細胞の持つ分化能について関心を持ち、明らかにすることで再生医療の持つ可能性を大きく広げていきたいという考えを持っている。

 

⇒「シグナリフト」トップページへ戻る